PROFILE

講師紹介

無理なダイエット、リバウンド、
不妊、出産、産後太り・・・。
女性が悩むことは全部悩んだ。
そして、解決した。
だからこそ、この経験全てを、
私はひとりのトレーナーとして、伝えたい。

ハーティネス株式会社 代表取締役
MIOトレ代表 津村美緒(つむらみお)

生まれた日
1987年12月29日
トレーナー歴
13年
好きな食べ物
アーモンドチョコレート、餃子、白米
好きなこと
筋トレ、寝ること
特技
個々の身体の歪みに合わせた最短最速でなりたい
身体になるためのエクササイズ設計図を作ることを得意とする。

幼少期からの太った身体にコンプレックスを持ちながら、様々な流行りのダイエット、
壮絶なリバウンドの繰り返しをしてきた元ダイエット迷子トレーナー。

右葉曲折ありながらも、身体の勉強をしながら食事と筋トレで身体重74kg→47kgまで
ダイエットに成功し、ボディメイクコンテスト優勝を掴み取るまでに身体を作り上げた、
努力家!というよりある意味頑固ものw

理想の身体を手に入れるまでに、相当な遠回りをしてきた苦しいダイエット経験から、
1人もダイエットのことで悩まない世の中を作りたい。自分の身体に自信を持って、
生きることのできる世界にしたい。という思いからフィットネスというツールを使って、
健康・ダイエット・ボディメイクを女性を中心に伝えいている。

ダイエットで身体を変えるだけでなく、身体が変わっていう過程での、
努力や喜び、楽しさを、自信につなげてもらいたい。
心も身体も、強く美しく健康的な女性をたくさん増やしたい!そんな想いで活動中。

DIET STORY OF MIO

万年デブだった私が、
フィットネスとの出会いで身体を変えた。
次は、あなたの番です。

私の実家は、小さな食料品店を営んでいたので、保育園や学校から帰ったら自宅の1階のお店で好きなお菓子を買って食べるのが、物心つく前からの習慣でした。

親としては可愛い子供が美味しそうにお菓子を頬張る姿を見るのは幸せなことだっただろうと思う。そう、私自身も幸せでした。

(小学生の頃から、デブ街道まっしぐら)

でも、その習慣は恐ろしいほどに、身体の肥大化、そうデブ街道へと一直線に繋がっていくのです。

中学生の頃には、お菓子は1つでは足らず、塩っぱいものと甘いものを交互にたべる最高に幸せな食べ方へと変わっていく・・・

そうこれが、チョコとポテチの無限ループ。
最高にして最悪な食べ方。笑

成長期で食欲旺盛な当時の私は、夕飯も二人前は当たり前で、気づいた頃には中学3年で74キロとなった。
今思えば、完全に食べすぎのカロリーオーバーが原因なんですけどね。笑

(顔も身体もパンパンの中学時代。)

その後、高校生になって食べずに運動すれば痩せる!水を飲みまくれば痩せる!
という安易な考え方から、無理なダイエットをして55キロまで体重を落としてダイエットに成功!
(リバウンドする身体を自ら作っているとはその時は想像すらできなかった)

だけど、そんな無理なダイエットをによる栄養不足のせいで筋肉が落ちまくって、代謝がドカンと下がってしまいました。

こんな感じで、若かりし頃は、食べなければ簡単に痩せられたのです。
この「無理なダイエット」が今後の自分を苦しめるともしらずに・・・・。

(チアリーダー時代。デブでしたが、昔から人前に出るのは好きでした)

その後、短期大学へ進んだら、今度は慣れない環境、人付き合いのストレスで、また食べる癖が再燃。笑

短期の留学で海外に住んでいたこともあり、朝食は甘いマフィンにフライドポテト、昼も、油ギトギトのハンバーガーに、アメリカサイズのスタバの巨大フラペチーノ、ここで完全にリバウンド。

(美味しそうに食べる私。そりゃあ、リバウンドしますよね。笑)

帰国した際には、空港で待ってくれていた当時の彼氏にも気づいてもらえないくらい太っていまうという。マジで笑えない現実でした。

その後も体重は行ったり来たりして就職した頃には約70キロに。

リバウンドを繰り返し、無理なダイエットを繰り返したせいで私の身体には、代謝の「た」の字も残らないほど、太りやすく痩せにくい身体になってしまっていた。

身体に必要な栄養素が満たされていない状態で、運動や極端なダイエットをすると筋肉を削ってしまうので、今までと同じように「食事を減らそうが」「運動をがむしゃらにやろうが」何をしても、響かない身体になってしまった・・・という訳。もうお先真っ暗です。

(OL時代、太りすぎて制服のボタンが飛んだことも、いい思い出)

お菓子、ご飯の食べ過ぎ、による過食習慣が身についたことが最初の太ったきっかけとなりその後の、自己流ダイエットのせいで、努力しても、うんともすんとも言うことのきかない身体になってしまい、ダイエット迷子から抜け出せなくなっていった私の過去。

もう自力ではどうにも出来ない!という状況になって、初めてプロの手を借りようとフィットネスクラブに通ったことが、人生のターニングポイントでした。

とにかく

「筋肉量をアップすること」
「食事は、低脂肪、高タンパク」
「水を飲め」


細かい説明はなかったけれど、とにかく潔く、素直に、文句の1つも言わず(笑)、言われた通りにミッションをこなしました。

すると3ヶ月も続けたら、あんなにびくともしなくなっていた身体がガラ!っと変わっていったのです。

しっかり食べているのに、痩せるなんて・・・!
今までのダイエットの常識が、ガラガラと崩れ去った瞬間。衝撃でした。

ここで私は、正しい食事をして、筋トレをすれば、下がった代謝も上がるんだ!ということを知り、どんどん筋トレにのめり込んでいきました。

だって、極端な話、身体に必要な栄養取って、筋トレさえしていれば太らないんだもの!!!

ということで、私は筋トレに出会って、やっっっっっっっとの想いで、万年ダイエッターを卒業することができたのです。

(74kg→47kgへ。もちろんどちらも私です)

私が身につけたこと。
それは、筋トレ、正しい食事をベースにした習慣であり、また太っても、出産しても、無理せず取り戻せる身体。

それは全て、「正しい知識」をつけたから。それだけなのです。

・小さい頃からずっと太っていたから
・出産経験があるから
・もう歳だから
・どうせ私には成し遂げられない

そんな風に思って、色々なことを諦めてしまった経験はありませんか?

もちろん昔の私は、まさにそうでした。
体型もブス、心もブス。笑

でも、良く考えてみてください。
あなたの人生は、誰の人生でしょうか?お子さんですか?旦那さんですか?ご両親ですか?

全て違います。あなたの人生はあなたのものです。


生きていきたいように、生きる。
自分がなりたい身体になる。


ダイエットは自分自身としっかり向き合うための物です。

だらしない身体になってしまったのは、他人のせいではない、自分のせい。
ダイエットが継続できなかったのは、知識不足のせい。
運動継続できないのは、そのメリットと楽しさを知らないせい。


身体はデブでもいい、思考のデブになるな


太ってしまっている人の口癖は、「どうせ」「だって」「でも」という言い訳から入ることが多い。
これが良くないって、うっすらと分かっているんだけど、でもやめられない。

でもね、そこに気付けたら、あなたのダイエット人生は大きく変わります。
これは、私が経験したから、自信を持って言えること。

他人が痩せさせてくれるわけではありません。
もちろん、私があなたを痩せさせるわけでもありません。

だけど、あなたが本気で「変わりたい」と思うのであれば、私は全力でサポートをします。


身体が変わると、心が変わる。
心が変わると、身体も変わる。


何歳からでも、変わろうと思った瞬間から、身体は変わっていきますよ。

だから、あなたも、ここから一緒に始めませんか?

全てはあなたの理想の身体のために。